地元の業者に依頼して屋根のリフォーム塗装を行いました。 上尾で外壁塗装を探すところは二年ほど前になりますが、白馬村に中古の別宅(セカンドハウス)を購入したときに、同時に室内のリフォームと屋根のリフォームを行いました。 白馬村というのは長野県の北部に有って雪の多いところであり特に建物及び屋根というのは雪の対策が必要なところです。 特に屋根の部分は雪国なので軽量化をはかるためにも鉄板屋根が多い所でもあるのです。 購入時、もっと神戸方面のホームページ制作できることも我が家もトタン屋根の鉄板屋根であったのですが、室内はともかく屋根の部分は塗装のリフォームが必要だったのです。 というのは長らく空き家だったせいも有って、屋根の塗料が一部が剥がれているところもあり、屋根の塗装が必要だったのです。 其れに、屋根の雪が落下しないように雪止めの仕様もしてあったのですが、其れも一部が壊れて剥がれ落ちそうになっていたのです。 そんな事で、地元業者に頼んで屋根のリフォーム塗装を行う事になったのです。 尼崎の胃カメラ検査で評判のクリニックはここにきて、塗料は樹脂系のウレタン系とかアクリル系のもので、其れに薄め液と下地材(下の素材と新規塗料が付きやすい様にする素材)、塗装の仕方は手作業が主にローラーや刷毛、などを準備していたようです。 作業手順としては先ず、鉄板屋根材をブラッシングして塗料が着き易いようにする、その後は下地材を塗る、その後に一時塗装(中間塗装)、そして仕上げ塗装と三回塗るようでした。 作業員は塗装の専門家であり、在庫の品物の他にホームセンターなどで購入していたらしく、埼玉で外壁塗装を頼むとここからは期間的にはのんびり行って2日間ほどでしたが、お陰で屋根はピカピカといい感じになりました。