何年か前のことになりますが、埼玉でも頼める外壁塗装はあまりどこかで実家の外壁塗装を行いました。家族で住んでいる家で、色や質感は両親が業者の方と相談して決めていたと記憶しています。たしかにその当時の外壁は、家が建てられた当初よりだいぶ色もくすみ、壁にさわると塗装が落ちるためか手が汚れてしまうようになっていました。小さいころから住んでいた家で、埼玉で外壁塗装をするにはきっとどんなにしてただただそういうものと思っていましたが、プロの業者の方の手により外壁がどんどん塗り替えられていくところを見ると、それまでの印象がまるで変わりました。色はくすんではげたようなものから明るくなり、悪天候に強い塗装のためぴかぴかに磨かれたようになりました。住み慣れた家であることに変わりはありませんが、外から家を眺めたりするのがそれまでよりも楽しいし、帰宅してくるときに遠くから見える風景は違う顔をします。メディカルゲートができるクリニックといっては両親が外壁塗装を考えるにあたり、雨風に強くする、という程度のことはきいていましたが、実際に塗装されたその家は大袈裟かもしれませんがまるでお城のようでした。壁を塗装することは、そこに住む人であったり、その家を見かける人たちの気持ちも塗り替えてくれることなのかもしれません。きっと外壁塗装を上尾で頼むとなることにしては当時の実家を塗装していただきました業者の方、ありがとうございました。